自分にとって利用しやすい業者を選ぶのがポイント

100054

お金を引き出すときに利用するのがATMです。銀行の支店などにありますし、郵便局やコンビニにもあります。郵便局やコンビニのATMは、提携しているところが多いのが特徴です。

コンビニ系の銀行しか使えないわけではなく、提携先の多くの銀行やその他の金融機関のカードが使えるようになっています。もし消費者金融を利用するときにどこがいいかですが、利便性は非常に大事になります。

いつ使いたくなるかわかりません。その時に使えるところが良いと言えます。その業者のATMが使いやすいところにあるかを考えてみましょう。

大手であれば、支店も多く持っています。窓口だけでなく、ATMだけを備えているところもあります。また、無人契約機を備えているところであれば、人に会わずに契約をすることができます。

借入は少し気が引けることがあるかもしれませんが、誰もいなければ気楽に利用することができるでしょう。その金融機関のATM以外に、提携している金融機関が近くにあるなら利便性は変わりません。

コンビニのATMが使えるなら、近くにコンビニがあれば利用が可能になります。何も金融機関そのもののATMが近くにある必要はありません。

銀行のグループになっているところであれば、銀行のATMでも同じように操作ができるところがあります。これは非常に重要で、他人から借入をしているように見られません。

銀行でお金を引き出しているかのように借り入れができます。大手であれば、銀行の系列になっているところが多いので、そちらを選んでみても良いでしょう。

自分が銀行口座を持っているのであれば、その系列にある金融機関を選ぶことで、より利用しやすくなる場合もあります。

借り入れや返済方法が多いところ

一般的に借入をするときは、金融機関の窓口に行って申し込みをします。窓口に受付の人がいて、必要な書類に記入をします。身分証明書を提出したり、収入に関する証明書を出したりして、審査を待ちます。

その日のうちに終われば利用できますが、終わらないと後日利用できるかどうかが決まりようやく借りることができます。返済も同様に窓口に借入額と利息を持って行って返済をします。

結構窓口に行くのは面倒です。その業者の店の中に入らないといけませんし、中には自分以外の客もいるはずです。その人たちと顔を合わせるのもあまりうれしいことではないでしょう。

消費者金融を利用するにあたってどこがいいかは、借りやすい仕組みと返済しやすい仕組みがあるところでしょう。

借りやすさとしては、ATMがたくさんあるところと言えます。無人契約機があると、人に会わなくて済みます。さらに最近あるのがインターネットですべて完結するサービスです。

ネットで申し込みをして、必要な書類もネットからアップロードします。その後審査の結果が来て、必要なお金を所定の金融機関に振り込んでくれます。

返済も金融機関からの振り込みができるので、一切窓口やATMに行く必要がありません。インターネットでできるときはスマホでもできますから、外出先からでも簡単に利用ができます。

インターネット完結タイプの利用ができるのは大手が多くなっています。カードを使うサービスでも、カードの発行なしでスマホだけを持って行くと借りられるところもあります。

財布にカードが入っていると心配になりますが、スマホでカードの情報が入れられるなら簡単に借りれそうです。提供会社もどんどん増えるかもしれません。

金利ができるだけ低くなるところ

money_kinri_heru

お金を借りる時のコストとしては、何といっても金利、利息になるでしょう。借りた期間に対して一定の利率でかかることになっています。

もちろん振り込みの手数料やATMの手数料などもありますが、それらはあまり影響することはありません。消費者金融を利用するにあたってどこがいいかなら、できるだけ金利が低く利息負担が少ないところを選ぶようにしましょう。

各金融機関はそれぞれ個別の金利の仕組みを持っています。ですから、どこが低いかがわかります。自分のよく利用する額において、最も少なくなるところを探すようにしてみましょう。

大手などが行っているキャンペーンにも注目しましょう。カードローンサービスを提供しているところでは、金利がゼロになるサービスを行っています。

利用当初の30日間だけゼロになったり、半年近くゼロになるサービスがあります。又キャンペーンではなくて、毎月のようにゼロになる期間を設けているところもあります。

元の金利が高いとしても、ゼロになる期間を考慮すると実質的にかなりコストを下げられる可能性があります。金利ゼロキャンペーンを行っているところもしっかりチェックしましょう。

実質的な金利を見る時、大手と中小を比べるのを忘れてはいけません。大手は情報がたくさんあるので比較しやすいですが、中小はどんな業者があるのかを知らない人もいるでしょう。

金利が比較されているサイトなどに行くと、中小の業者の金利情報なども見られるようになっています。

中小はどこででも利用できるわけではありませんが、自分の近所にあるかもしれません。あればかなりお得に利用することができるでしょう。

借り入れを行うとき消費者金融は銀行よりも審査は甘いというのは本当?

お金というものはさまざまなシーンで必要になるものですが、時にこのお金が不足してしまうこともありますよね。

今という時代はけっして景気がいいというわけではありませんから、これはたとえの話なのですが、あのバブル時代のように何もしなくてもお金が横から流れていくということは絶対にあり得ません。

一生懸命に働いていても手にすることができるお金には限界があります。そのお金を上手に使って生活をするわけですが、どんなに考えて遣っていても、どうしても足りなくなる時もあるのですね。

しかも今すぐにでもお金借りたいと思う時もあります。こういう切羽詰まった状況から抜け出すには、やっぱりどこかで必要なお金を都合しなければならないわけです。ようするに借金ですね、これをしてその場を凌ごうと考えます。

でも、ここでやっぱり問題になってくるのが、いったいどこから借金をしようかということではないでしょうか。人から借りるとなると、これはとても言いにくいですよね。

お金のことになると急に耳が遠くなるというギャグも昔ありましたが、まさにそんな状況です。ならどうすればいいのか、ここが思案のしどころです。

気安くお金を貸してくれる友人なり同僚がすぐ近くにいればいいのですが、そういうわけにもいかないとき、金融機関から借り入れを行うという方法がありますよね。

こうしたところから借りるなら、誰にも迷惑はかからないわけです。しかし、銀行でも消費者金融でも同じくお金を貸してくれるのですが、それにはあたりまえですが審査というものが行われます。

気になるのがその審査通過率というものですよね。

借り入れの審査では個人信用情報が重視される

point01

審査通過率と言われると、どうしても審査に通るのが難しいのではないかと思われがちですよね。確かに大切なお金ですから、貸す側にしてみれば返済が充分に見込める人に貸したいと思うのが本音でしょう。

そのための審査なのですから、ここはしっかりと行いたいというわけですね。信用を重視する銀行ではこの審査がかなり厳しく時間もかかると言われています。しかし、反対に消費者金融ではかなり短時間でこれが行われているのですね。

どちらにもメリットとデメリットはあるので、一概にこっちがいいとは言い切れません。ここで知りたいのは、やっぱり審査通過率を含めた審査の内容でしょうね。

まずこうした金融機関から借入を行うとなると、申し込みをしてから審査が行われます。この審査は当然のことですが、定職に就いているかとか、年収はいくらかとか、勤務先の情報などが見られます

それから個人信用情報というものもしっかりと見られますから、ここに何らかのキズがある場合、融資は厳しくなりますね。

たとえば複数の金融機関から借り入れがあるとか、過去に返済の遅滞があったとか、こういう場合です。多重債務もそうですが、返済の遅滞というのは致命傷になってしまいます。

それから仕事に関してなのですが、よくアルバイトやパートタイマーは正社員ではないから、金融機関からの借り入れはできないと思っている方も少なくないでしょう。

しかし、こうした雇用形態でも、安定した収入を確保できているのであれば、融資は受けられます。安定した収入があれば、審査には何ら影響はないのですね。

ただし、この場合にも個人信用情報に何らかのキズがあれば、あたりまえですが融資は難しくなります。

借り入れの審査基準は個人によって大きく変わってくる

ただ、単純に審査通過率と言っても、これは各金融機関ごとに基準というものが異なりますから、どこが通過しやすくどこが通過しにくいということは、はっきりとは言えませんよね。

たとえば、金融機関はこの世の中にはたくさんありますが、どこでも審査基準というものを明かしていません。テレビのコマーシャルで大々的に宣伝しているような大手の金融機関でも、それぞれ審査基準が異なる場合もあるわけですね。

しかし、そのような名の知れた大手消費者金融は確かに審査通過率も高いと言われていますが、それはあくまでも個人の情況によってです。人によっては厳しくなることも当然あります。

銀行からの融資よりも消費者金融からの融資の方が比較的に審査は甘い、そういうことがよく囁かれていますが、実際はどうなのでしょうか。

先に述べたように、消費者金融での審査も人によっては難しくなる場合がありますよね。しかし、銀行の審査はさらに厳しくなってしまいます。

消費者金融で審査に通らないのに、銀行で通るはずはないのですね。でも、だからと言ってそれが消費者金融の審査が甘いということにはなりません。

借り入れを行う場合には、まずは審査に影響を及ぼすような基本的な要素を充分に理解することが大切です。もしも審査に通らない場合、どこの金融機関に再度申し込んでも無理な場合もあるのですから、ここは要注意ですね。

複数の金融機関に借り入れを申し込んで、そこで審査に通らなかったとき、名も知らない業者では借り入れができるようになったというケースも往々にしてあります。しかし、これは危険ですね。止めた方が身のためです。